黒豆茶とサラシア茶ダイエット

黒豆茶・サラシア茶のダイエット効果と効能について説明

黒豆茶のダイエット効果効能について

黒大豆の栄養素をそのまま吸収できる黒豆茶は黒大豆に含まれる栄養素、大豆サポニン、大豆イソフラボン、ビタミンE、レシチン、を効果的に吸収できます。黒豆茶は、いま話題のメタボリックシンドロームの予防にも注目されています。

メタボリックシンドロームとは食べ過ぎや運動不足によってお腹周りに内臓脂肪が蓄積され、高血圧や高脂血症などの動脈硬化疾患を併発する可能性のある危険な状態をいいます。

日本肥満学会診断基準では、男性の場合ウエスト周囲が85cm以上、女性では90cm以上であれば内臓脂肪型肥満と診断され、生活習慣病へのリスクが高まると判断されています。

動脈硬化、血中脂肪、コレステロール、女性ホルモンなどに効果あると言われる黒豆茶。 黒豆茶には脂肪の蓄積や脂肪肝を抑制し、コレストロールの排泄を促すダイエット効果があるといわれています。

黒豆茶の効能とダイエット効果について

黒豆の皮の黒色は、最近話題のポリフェノールの一種であるアントシアニンと呼ばれる色素です。これは植物が光合成する際に作り出す色素や苦味の成分で、ブルーベリーや赤ワインなどにも含まれています。アントシアニンには血液をサラサラにしたり、体脂肪を付きにくくする、肥満予防の働きがあるといわれており、ダイエットにも効果的です。

また、黒豆の胚芽部分に多く含まれている成分にはイソフラボンもあります。イソフラボンには女性ホルモンと同じような働きがあり、更年期障害の症状を緩和したり、高血圧や肥満などの生活習慣病を防ぐといわれていて、これもダイエットに効果的です。

さらに、黒豆は利尿作用に優れ、毒素を体外に排出すると働きがあるとわれています。そのため、肌荒れやむくみも解消できるそうです。ダイエット・健康・美容に最適な黒豆茶をぜひお試しください。

サラシア茶の効果効能について

サラシア茶の原料であるサラシアの原植物は、サラシア・オブロンガ、サラシア・レチキュラータ、サラシア・プリノイデスの3種でいずれもニシキギ科に属しています。このサラシアは、スリランカや南インドなど、亜熱帯地域に自生するツル植物で、これらの抽出物には食後の血糖値を上昇させない成分があるとされています。

サラシアのダイエット効果

サラシアには、サラシノールという成分が含まれていて、その働きにより糖の吸収を抑える効果があり、糖尿病予防に効果があるとされています。

また、サラシノールの働きで体内の糖が不足すると、体内では糖を補うために内臓や皮下組織に溜まった余分な脂肪がエネルギーとして消費されます。これによって体内脂肪が燃焼するので、ダイエットにも効果があります。

最近ではサラシア茶などの健康食品として日本でも多く見られるようになりましたが、インドではダイエット薬として古くから重宝されてきました。

サラシア茶を摂取する場合は食中や食後が効果的です。留意点として、糖尿病治療薬を服用している方は医師への相談が必要です。

ダイエットティーは、こんな方におすすめ

  • 無理な食事制限をせずにダイエットしたい方
  • 便秘気味な方
  • 肌荒れや吹き出物が気になる方
  • 体脂肪や内臓脂肪が気になる方
  • 外食やインスタント食品をよく食べる方
  • いつでもどこでも手軽に飲みたい方